シロアリが出やすい時期ってあるの?1年中活動していますが特に〇〇の季節が活発です

スポンサーリンク

シロアリは昆虫であり、通常の昆虫は決まった時期にのみ繁殖を行います。
しかし、シロアリには決まった繁殖時期がなく、ほぼ1年中活動を続けています。

シロアリは、地下や木材の中で普段活動しており、あまり見かけることはありません。
ただし、春から夏にシロアリの「羽アリ」が発生し、存在が確認できる場合があります。
シロアリの羽アリをみつけた場合は、すぐに業者に連絡して駆除を依頼しましょう。

シロアリは1年中活動している

夏にだけ発生する蚊のように、昆虫には繁殖する季節が決まっているものが多いです。
しかし、シロアリには特定の産卵時期がなく、1年中繁殖を続けています。

シロアリは、一対の王と女王を中心としたコロニーを形成しており、巣の中で常に繁殖が続けられています。
シロアリは弱い生き物で、鳥や虫などの多くの生き物がシロアリを食料としています。
そうした状況で個体数を減らさないためには、常に産卵を続けて数を増やし続ける必要があります。

春から夏に活動が活発になる

1年中活動を続けるといっても、その活動の度合いは季節によって変化します。
シロアリは比較的温暖な気候を好むため、春から夏にかけて活動が活発化します。

シロアリの好む温度

日本でのシロアリ被害のほとんどは、「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」によるものです。
それらのシロアリが好む温度は、以下の通りです。

シロアリの種類 活動が活発になる温度
ヤマトシロアリ 12℃-30℃
イエシロアリ 30℃-35℃

ヤマトシロアリは、日本のほぼ全域に生息するシロアリで、春から夏にかけて活動が活発になります。
イエシロアリは日本の南西部の温暖な地域に分布しており、夏に活動が活発になります。

ヤマトシロアリについてはこちらの動画をご覧ください。

イエシロアリについてはこちらの動画をご覧ください。

梅雨の時期に特に活動が盛んになる

ヤマトシロアリとイエシロアリは「土壌性シロアリ」に分類され、ある程度の湿気が活動に必要です。
そのため、湿気が多くなる梅雨の時期に特に活動が活発になります。
シロアリの被害を抑制したい場合は、梅雨の前に駆除する必要があります。

冬も活動は停止しない

冬眠する昆虫も存在していますが、シロアリは冬眠しません。
シロアリは冬眠せずに越冬し、暖かい場所であれば冬でも活動を続けます。

冬眠しないが活動は鈍化する

ただし、シロアリは昆虫であり、寒さに弱い性質があります。
幅広い地域に生息しているヤマトシロアリであっても、6℃以下では活動しないといわれています。
温度がそれ以下になると、シロアリは木材の中などに潜んで気温が上がるのを待ちます。

シロアリの巣の内部は温かい

冬にはシロアリの活動が鈍化しますが、完全に活動が停止するわけではありません。
シロアリの巣の内部は、バクテリアが発生させる熱によって、気温よりも10℃程度温度が高くなるといわれています。

月の平均気温が氷点下になる冬の北海道で、シロアリの活動が確認されたケースもあります。
温かい時期に比べると動きは鈍りますが、冬でもシロアリは活動しています。

近年は温かい住居が多く冬でもシロアリの活動が活発

近年は、断熱性能が高い家屋が多く、床暖房を設置している家もあります。
そうした家は、冬でもシロアリが活動しやすいため注意が必要です。

また、冬に暖房を使うと、室外と室内の温度差が大きくなって結露が発生します。
その結果、高い湿度を好むシロアリの活動が活発化する場合もあります。
家屋の状態によっては、冬でもシロアリの活動は活発に行われます。

羽アリが発生するのは主に春から夏

通常のシロアリには羽がついておらず、飛ぶことはできません。
しかし、一定の時期に羽のついた「羽アリ」が発生する場合があります。

羽アリはなぜ発生する?

シロアリは1年中繁殖を続けており、数が増えすぎる場合があります。
そうした場合には、シロアリは羽アリを発生させて巣から飛び立たせ、外部で繁殖させます。

外部で食料となる木材を見つけた羽アリは新たな女王と王になり、そこでコロニーを形成して繁殖を始めます。
シロアリの侵入経路はほとんどが地下ですが、羽アリの飛来によってシロアリが家屋に侵入する可能性もあります。

羽アリの発生時期は種類によって異なる

羽アリの発生時期は、シロアリの種類によって異なります。
日本の家屋に被害をもたらすシロアリとその羽アリの発生時期は、以下の通りです。

シロアリの種類 羽アリの発生時期
ヤマトシロアリ 4-5月(日中)
イエシロアリ 5-7月(夜間)
アメリカカンザイシロアリ 3-11月(日中)
ダイコクシロアリ 3-11月(夜間)

日本のシロアリ被害のほとんどは、ヤマトシロアリとイエシロアリによるものです。

アメリカカンザイシロアリは、輸入家具などと一緒に運ばれて日本に侵入した外来種です。
ダイコクシロアリは、沖縄や小笠原諸島などのごく一部にのみ生息しています。
それらのシロアリは、羽アリの発生時期が長めなのが特徴です。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリの羽アリは、4-5月の春に発生します。
ヤマトシロアリの羽アリは主に日中に飛び、光に集まる習性はありません。
その時期に羽アリが多く発生した場合はヤマトシロアリの可能性が高いため、すぐにシロアリ駆除業者に相談しましょう。

イエシロアリ

イエシロアリの発生時期はヤマトシロアリよりも遅く、5-7月です。
イエシロアリの羽アリは主に夜に飛び、光に集まる習性があります。
イエシロアリはヤマトシロアリよりも活動が活発で、被害の進行が速いです。
イエシロアリの羽アリをみつけた場合は、できるだけ早く業者に相談して駆除してもらいましょう。

羽アリが発生してもシロアリが居なくなるわけではない

羽アリは、増えすぎた個体バランスを保つために発生します。
そのため、羽アリが大量に発生したからといって、現在の生息地からシロアリがいなくなるわけではありません。
ほとんどのシロアリはそのまま巣に残り、住居の被害を拡大させます。
羽アリが自宅から発生しているのを発見した場合は、すぐに業者に相談することをおすすめします。

シロアリを駆除すべき時期はいつ?

「シロアリの駆除はいつすべき?」「シロアリ駆除に適した時期はある?」といった疑問を感じている人もいるでしょう。

シロアリはできるだけ早く駆除する

ご紹介した通り、シロアリの活動は1年中継続しています。
そのため、駆除に適した季節は特にありません。

シロアリを放置しておくと、住居の被害が拡大してしまいます。
被害が進行するほど住居の寿命が縮まり、駆除費用も高額になります。
シロアリは、できるだけ早く駆除してもらうことが大切です。

春から夏は駆除依頼が多い

シロアリは、羽アリの発生によって存在が分かるケースが多く、羽アリが発生する春から夏に駆除を依頼する人が増加します。
そうした時期は業者が忙しい可能性があるため、急ぐ必要のないシロアリの予防処置などを業者に依頼する場合は、春から夏を避けるのもひとつの手です。

さいごに

シロアリには決まった繁殖時期はなく、1年中活動や繁殖を続けています。
また、シロアリの羽アリが発生するのは、主に春から夏にかけてです。

春から夏は、羽アリの発生によってシロアリを発見しやすい時期です。
シロアリが飛んでいたり、シロアリの羽が落ちていたりしないかチェックしてみましょう。
シロアリを発見した場合は、できるだけ早く業者に相談して、駆除を依頼することをおすすめします。

コメント