シロアリ駆除をしてもらったら薬剤の効力はどのくらいの期間あるの?

スポンサーリンク

シロアリの駆除を行う業者は、駆除作業とともに新たな侵入を阻止するための予防処置を施します。
ただし、薬剤の効果は時間の経過とともに失われるため、いちどの処置でシロアリ被害を永遠に予防できるわけではありません。

現在シロアリ駆除に使用されている薬剤の有効期間は、5年程度です。
シロアリの被害をしっかりと防ぎたい場合は、前回の処置から5年を目処に業者に予防処置を依頼することをおすすめします。

薬剤が効果を発揮する期間は約5年

現在のシロアリ駆除の薬剤は、有効期間が5年程度のものが使用されています。
シロアリによる住居の被害を確実に防ぎたい場合は、5年ごとに予防処置を施すようにしましょう。

シロアリ駆除は薬剤を使う「バリア工法」が一般的

シロアリの駆除にはいくつかの方法がありますが、薬剤を散布する「バリア工法」が最も一般的です。
バリア工法は、床下に薬剤を散布したり、柱の中に薬剤を注入したりして、シロアリを直接駆除する方法です。
バリア工法は、侵入したシロアリをすぐに駆除できるほか、散布した薬剤がバリアの役割を果たすため、新たなシロアリの侵入を防ぐことができます。

バリア工法には即効性があり、費用も比較的安価です。
そのため、シロアリ駆除は多くの場合バリア工法によって行われています。

バリア工法で使用される薬剤の効果は約5年継続する

バリア工法で使用される薬剤はとても効果的ですが、効果が永続するわけではありません。
現在使用されている薬剤の多くは5年程度効果が持続しますが、それ以降は効果が薄れてしまいます。

シロアリ業者の多くは、シロアリ駆除の業界団体である「公益社団法人 日本しろあり対策協会」の仕様書に従って駆除を行っています。
日本しろあり対策協会は、安全性確保のために薬剤の審査を行い、「認定薬剤」を公表しています。
日本しろあり対策協会の認定薬剤には、環境への負荷や安全性を考慮して、時間が経過すると自然に分解されるものが選ばれています。
その効力が続く期間の目安が5年です。

日本しろあり対策協会の施工標準仕様書にも、「5年を目処に再処理(シロアリ予防)する」との旨が記載されています。

以前はより効果の長い薬剤が使用されていた

以前は、シロアリ駆除に非常に強力な薬剤が使用されていました。

以前使用されたクロルデンは禁止されている

特に「クロルデン」という有機塩素系の殺虫剤は非常に強力で、一度使用すればその家は生涯シロアリ被害を受けないといわれていました。
クロルデンの効果は30年以上といわれています。

参照:株式会社エコパウダー

しかし、クロルデンは非常に分解されにくく、環境への悪影響が大きい薬剤です。
そのため、1986年に特定化学物質に認定され、すべての用途での製造・販売・使用が禁止されています。

参照:wiki クロルデン

クロルピリホスも使用されなくなっている

クロルデンが使用禁止になった後に主に使用されたのが、クロルピリホスという有機リン系の殺虫剤です。
クロルピリホスは、クロルデンほどではありませんが効果の持続期間が長く、5年以上効果を発揮します。

しかし、クロルピリホスも人体への悪影響が大きく、シックハウス症候群の原因物質でもあります。
そのため、日本しろあり対策協会は、2000年にクロルピリホスを含む薬剤の自主規制を始めました。
その後の2003年には建築基準法の改正により、クロルピリホスの使用が全面的に禁止されています。

現在は安全性に配慮した薬剤が使用されている

そうした過去の薬剤は強力で効果が長持ちしますが、人体や環境への悪影響も甚大です。
現在は、安全性に配慮して悪影響の少ない薬剤が開発・使用されています。

現在主に使用されている薬剤は人体への悪影響が少なく、比較的安心して利用できます。
ただし、有効期間が以前に比べて短く、5年程度で効果が薄れてしまいます。

5年ごとに予防処置を行うのがおすすめ

現在シロアリ駆除に使用されている薬剤は、5年程度で効果が薄れてしまいます。
シロアリ業者の多くが駆除後の保証期間を5年に設定しているのはそのためです。

保証期間内であれば被害が起こっても安心

5年の保証期間が設定されている業者であれば、5年以内にシロアリが再発生した際に無料で駆除してくれます。
また、保証期間中にシロアリによって建物が損傷した場合、一定金額内までの修繕費を補償してくれる業者もあります。

5年間隔で予防処置を依頼するのがおすすめ

5年は薬剤がしっかりと効果を発揮する期間であり、5年経過したからといってすぐにシロアリが発生するわけではありません。
しかし、時間が経てば薬剤の効果は確実に薄れます。
また、保証期間を過ぎてしまえば、シロアリが発生した際に駆除費用や修繕費をすべて自己負担する必要があります。

そのため、確実にシロアリの被害を防ぎたい場合は、5年おきに業者に予防処置を依頼するようにしましょう。
5年おきに処置してもらえば、シロアリ被害のリスクを最小限に抑えることができます。
また、常に保証を受けている状態を維持できるため安心です。

シロアリ対策は予防が大切

シロアリの被害を受けてしまうと、住居が大きく傷んでしまいます。
また、被害が進行すると駆除費用や修繕費が高額になります。
シロアリは、被害を未然に防ぐことが何より重要です。
住居を長持ちさせるために、5年間隔を目処に業者に依頼することをおすすめします。

ベイト工法は定期的なメンテナンスが必要

シロアリの駆除方法のひとつに、薬剤を使用しない「ベイト工法」があります。
ベイト工法は、毒のエサを使ってシロアリを巣ごと駆除する方法であり、特に有効期限はありません。

ベイト工法は定期的なメンテナンスを行う

ベイト工法は、庭などの建物の周囲に毒のエサが入ったステーションを設置し、その毒のエサをシロアリに持ち帰らせて、巣ごとシロアリを駆除する方法です。

ベイト工法はエサの補充が必要なため、定期的なメンテナンスが必要です。
毒はゆっくりと効果を発揮するため、巣の駆除には1ヶ月から3ヶ月程度かかるのが一般的です。

ベイト工法は定期的なチェックが必要

ベイト工法は、シロアリの巣の駆除にとても効果的です。
しかし、バリア工法のように予防効果が持続するわけではありません。

ベイト工法は、シロアリが好むエサを使用します。
そのため、エサを設置している間はシロアリが優先的にそちらを食べ、建物の被害を抑制することができます。
しかし、バリア工法のように建物への侵入を防ぐ効果はないため、エサの設置を止めてしまうと、近隣に新たに巣をつくったシロアリが再度侵入する恐れがあります。

ベイト工法を用いる場合は、シロアリが侵入していないか定期的に点検することが大切です。
ベイト工法での駆除を依頼する際には、現在侵入しているシロアリの駆除だけでなく、その後の予防や点検についても業者と打ち合わせをしておきましょう。

まとめ

シロアリの駆除に使用される薬剤は、約5年効果が継続します。
シロアリの被害をしっかりと防ぎたい場合は、5年間隔を目処に業者に予防処置を依頼することをおすすめします。

なお、ベイト工法は巣の駆除を目的としているため、特に有効期間などはありません。
ベイト工法でシロアリを駆除する場合は、その後のメンテナンスや予防方法について業者とよく相談することが大切です。

コメント