シロアリの予防をすることは可能なの?4つの方法をご紹介

スポンサーリンク

シロアリは、予防に気をつけることで発生のリスクを抑えることができます。
シロアリは、一旦発生してしまうと住居が傷んでしまうため、予防がとても重要です。

シロアリの多くは、湿気のある環境を好みます。
また、シロアリのエサとなる木材やダンボールを家の周囲に放置しておくと、シロアリの発生リスクが高まります。
シロアリ予防には、シロアリの好む環境を避けるよう注意することが大切です。

シロアリ予防に最も効果的な方法は、業者に予防処置を依頼することです。
シロアリ被害のリスクを最小限に抑えたい場合は、定期的に業者に依頼して予防処置を行うことをおすすめします。

シロアリの予防方法

シロアリは木材やダンボールを食料とするため、それらを家の周囲に置いておくとシロアリを引き寄せてしまいます。

また、シロアリは比較的高温で湿気が多い環境を好む昆虫です。
そうしたシロアリが好む環境を避けることが、予防にとってとても重要です。

木材やダンボールを家の周囲に置かない

シロアリは、死んだ木材を好んで食べます。
また、意外に思われるかもしれませんが、ダンボールもシロアリの大好物です。

家の周囲にそれらを放置しておくと、シロアリが発生しやすくなります。
近くにシロアリが発生すれば、住居にシロアリが侵入するリスクも高まります。

シロアリ予防のために注意が必要な物としては、以下が挙げられます。

木の杭

生垣を固定するために、木の杭を使用する場合があります。
表面をコーティングして防腐・防蟻処理をしている杭も多いですが、年数が経過するとそうした処理が効果を失ってしまいます。

年数が経過すれば、生垣が成長して杭が不要になるケースも多いです。
シロアリを予防したい場合は、年数が経過した木の杭はできれば抜いて処分してしまいましょう。

切り株

庭木を伐採した後に残った切り株は、シロアリの発生リスクを大きく高めます。
木の根は地中深くまで入り込んでいるため、シロアリの絶好の生息地になります。
切り株が庭にある場合は、掘り起こして処分することをおすすめします。

枕木

地面に直接触れる枕木は、シロアリが発生しやすいものの代表例です。
防蟻処理が施された木材も多いですが、そうした効果は時間とともに薄れてしまいます。
シロアリを防ぐために、古い枕木はできるかぎり処分するようにしましょう。

また、木材の防蟻処理は表面だけに施されています。
そのため、木材をカットして使用すると、その断面からシロアリが侵入してしまいます。
防蟻処理した木材をカットして使用する場合は、表面に防蟻剤を新たに塗布する必要があります。

ウッドデッキ

ウッドデッキは地面に近く、湿気が溜まりやすいため特に注意が必要です。
植木鉢などをウッドデッキの下にしまっていると、通気性が悪くなるため特に危険です。
防腐・防蟻処理した木材が使用されているウッドデッキが多いですが、そうした場合も定期的なメンテナンスが必要です。

ダンボールや木材

家の周囲に木材やダンボールを放置していると、シロアリの発生リスクが高まります。
特に地面に直接置いておくと危険です。
やむを得ず木材などを保管する場合は、必ず地面から離して、湿気と通気性に注意したうえで保管することが大切です。

住居の補修をしてシロアリの侵入を防ぐ

家の外壁などにひび割れがあると、そこからシロアリが侵入してしまいます。
家の周囲を点検して、ひび割れがないか確認しましょう。
もし損傷があれば、できる限り早めに修復します。

また、風呂場のタイルなど、家の水回りの損傷にも特に注意が必要です。
水漏れがあると、シロアリが好む湿気が床下に溜まり、シロアリが繁殖しやすくなってしまいます。

シロアリを予防するためには、住居の損傷を補修することが大切です。

床下の換気に気を配る

日本の住居に被害を与えるシロアリのほとんどは、地中に住む「土壌性シロアリ」です。
そのため、シロアリの侵入経路のほとんどは床下です。
床下の換気に気を配り、シロアリが好む湿気を溜めないようにすれば、シロアリの発生リスクを低下させることができます。

よく起こるのが、住居の基礎部分にある通気口をふさいでしまうケースです。
通気口をふさぐものとしては、植木鉢・プランター・物置などがあり、雑草が邪魔をしている場合もあります。

床下に湿気を溜めたいために、家の周囲をチェックして、通気口がふさがれていないか確認してみましょう。

日当たりを良くする

シロアリ被害のほとんどを引き起こしている土壌性シロアリは、乾燥を嫌います。
そのため、基礎部分の日当たりが良い建物は、シロアリが発生しにくくなります。
シロアリ予防のために、住居の基礎部分の日当たりにも注意して、周囲に余計なものを置かないようにしましょう。

以上が、自分で行えるシロアリの予防方法です。
少し工夫をすることで、シロアリ被害のリスクを抑えることができます。
住居を長持ちさせるために、いちど住居の周囲や水回りをチェックすることをおすすめします。

業者に依頼して予防処置を施してもらう

シロアリ予防は自分でも行えますが、完全にシロアリを防げるわけではありません。
確実に被害を防ぎたい場合は、シロアリ駆除業者に依頼することをおすすめします。

薬剤を使用するバリア工法

シロアリの駆除や予防に使用される方法として最も一般的なのが、薬剤を散布する「バリア工法」です。
バリア工法は、薬剤がシロアリを防ぐ防護壁として作用するため、シロアリの住居への侵入を効率的に防ぐことができます。

ただし、バリア工法で使用される薬剤の有効期間は約5年間です。
シロアリの被害を確実に防ぎたい場合は、5年間隔を目処に業者に処置を依頼することをおすすめします。

毒のエサを使用するベイト工法

シロアリの駆除・予防方法として、「ベイト工法」も一般的です。
ベイト工法は、シロアリだけに効果を発揮する毒のエサを設置して、巣ごとシロアリを駆除する方法です。
ベイト工法は、人体やペットへの悪影響が少ないのが利点です。

ただし、ベイト工法は住居へのシロアリの侵入を防ぐわけではありません。
エサの設置を中止してしまうと、新たに発生したシロアリが住居に侵入する恐れもあります。

業者に予防処置を依頼する場合は、それぞれの処置方法のメリット・デメリットを比較して、状況にあった方法を選ぶことが大切です。

シロアリ対策には定期的な予防処置がおすすめ

シロアリは、予防処置をすることで発生リスクを大きく抑えることができます。

シロアリが住居に住み着くと、住居が傷んで寿命が大幅に短くなってしまいます。
また、被害が進行すると駆除費用や修繕費も高額になります。
シロアリは、予防が何よりも重要です。

一般的な木造戸建住宅には、新築時にシロアリ対策が施されています。
しかし、メーカーによるシロアリ対策の保証期間は5年程度の場合が多いです。
これは、使用されている薬剤の効果が5年程度で薄れてしまうためです。

シロアリの被害を防ぐために、新築から5年程度経過したら、シロアリの予防処置を業者に依頼することをおすすめします。
そうした予防処置も5年程度で薬剤の効果が切れるため、その後も5年おきに処置してもらうと安心です。

大切な住居をシロアリから守るために、日頃からシロアリ予防に注意するとともに、業者への依頼を検討してみることをおすすめします。

コメント